Windows11の新機能

Windows11に変更すべきか、Windows11に変更するとどうなるのか…と悩んでいませんか?

Windows11は、Windows10の後継バージョンとして、日本では2021年10月に公開されました。

以前のバージョンと比べて使いやすさや生産性を向上するため、様々な新機能が搭載されています。

今回は初心者の方でもわかりやすいように、Windows11の新機能についてご紹介します。

Windows11とは

そもそもWindows11とは、マイクロソフトが開発したOSのことです。

OSとは、オペレーティングシステムの略であり、「コンピューター全体を制御して使いやすくするためのシステム」という意味です。

Windows11はWindows10の後継バージョンとして、日本では2021年10月に公開されました。多数の新機能が搭載され、以前と比べて操作しやすくなっています。

2023年現在では最新のOSとして、多くのユーザーに利用されています。

さらに2022年9月に大型アップデート「22H2」がリリースされるなど、日々改良されている状況です。

それでは、Windows11の新機能について、5つに絞って詳しくご紹介します。

※以下は、バージョン「22H2」、2023年現在の画面・操作です。

Windows11の新機能

新しいスタートメニュー

Windows11の新機能1つ目は、新しいスタートメニューです。

スタートメニューとは、アプリやファイルが見られるボタンのこと。前バージョンまでのスタートメニューから大幅に変更され、デザインはシンプルに、より使いやすくなりました。

Windows11の新機能1:スタートメニュー

まず、Windows11のスタートメニューは画面の中央に表示されるようになりました。従来のスタートメニューと比較すると、よりシンプルで直感的なデザインになっています。

また、Windows11のスタートメニューでは、ピン留めしたアプリのグループ化やサイズ変更、ドラッグ&ドロップによる簡単なアプリの追加など、カスタマイズ性が向上しました。自分好みのスタートメニューを作成することができます。

さらに、Windows11のスタートメニューは、タブレットでも使いやすくなりました。アイコンの大きさや配置が最適化され、スムーズに操作できます。

マルチタスク機能の改善

Windows11の新機能2つ目は、改善されたマルチタスク機能です。マルチタスク機能とは、複数の作業を同時に行えるようにする機能です。Windows11では、より効率的に複数の作業を同時に行えるようになりました。

まず、Windows11では、仮想デスクトップが標準でサポートされています。これは、1つのディスプレイ内で複数のデスクトップを作成できる機能です。それぞれのデスクトップで異なる作業を行うことができ、仮想デスクトップを切り替える場合は、ボタンをクリックするだけで簡単に行えます。

Windows11の新機能2:マルチタスク機能の改善

また、Windows11の新しいマルチタスク機能として、スナップレイアウトとスナップグループがあります。

スナップレイアウトは、複数のウィンドウを選択し、事前に決められたレイアウトに合わせて、自動的に配置する機能です。たとえば、3つのウィンドウを横に並べたり、4つのウィンドウを上下左右均等に並べたりすることができます。

Windows11の新機能2:マルチタスク機能の改善2

一方、スナップグループは、ウィンドウのグループ化と保存を可能にする機能です。たとえば、ブラウザーとワードのウィンドウをグループ化し、保存しておくことができます。これを利用すれば、常に同じ作業を行うときに必要なアプリをすぐに開始することができます。

Windows11の新機能2:マルチタスク機能の改善3

設定アプリの改善

Windows11の新機能3つ目は、改善された設定アプリです。設定アプリとは、様々な機能やアプリを管理するためのツールのこと。これまでより使いやすくなっています。

まず、Windows11ではコントロールパネル(設定を表示・操作するためのメニュー)が廃止され、設定アプリが強化されました。Windows10では、コントロールパネルと設定アプリの両方が混在しており、設定の変更をすると時に迷いやすいという欠点があったため、分かりやすく改善された形です。

また、Windows11の設定アプリは、より直感的で使いやすくなりました。ユーザーが必要な設定に簡単にアクセスできるようになっています。例えば、設定アプリのトップページには、一般的な設定項目が並べられており、すぐにアクセスできます。

さらに、Windows11の設定アプリはクラウドとの連携が強化され、設定情報が自動的に同期されるようになっています。例えば、新しいPCにログインすると、以前のPCで行った設定が自動的に反映されるため、手間が省けます。

セキュリティ機能の改善

Windows11の新機能4つ目は、改善されたセキュリティ機能です。Windows10よりもより高度なセキュリティが提供されています。

まず、Windows11では、セキュアブート(パソコンの起動時に悪意のあるソフトウェアが読み込まれないように設計されたセキュリティ機能)が改善され、より安全に起動することができます。

また、Windows11では、Windows Helloの認証機能(指紋認証または顔認証を使って、パスワードを入力せずにWindowsにサインインできる認証機能)が強化され、生体認証技術による高度なセキュリティが提供されています。これにより、パスワードなどの従来の認証方法よりもセキュリティが高くなり、ログイン時の利便性も向上しました。

さらに、Windows11では、Windows Defender(マルウェアを検出して削除できるWindowsのセキュリティ機能の1つ)が改善され、より高度なマルウェア(悪意のあるソフトウェア)検出と防止が可能になりました。マルウェアを検出し、削除するだけでなく、ウイルスやスパイウェアから保護するためのリアルタイム保護も提供しています。

チャット機能

Windows11の新機能5つ目は、改善されたチャット機能です。簡単にチャットを利用できるようになったため、スムーズなコミュニケーションが可能です。

Windows11のチャット機能では、通知やメッセージが見やすく、使い勝手が向上しました。チャット機能は画面の右下隅にあるアクションセンターから操作することができ、設定も簡単に行えます。

また、チャットの検索やメッセージの削除も容易です。

さらに、Microsoft Teamsを介してのビデオ会議も簡単に設定できます。

まとめ

Windows11の主な新機能

  • 新しいスタートメニュー:シンプルで直感的なデザインになり、カスタマイズも簡単にできる
  • マルチタスク機能の改善:効率的に複数のタスクを同時に実行できる
  • 設定アプリの改善:より使いやすく直感的な操作ができる
  • セキュリティ機能の改善:より高度なセキュリティが提供されている
  • チャット機能:ビデオ会議やチャットで簡単にコミュニケーションを取ることができる
created by Rinker
¥1,100 (2024/06/24 11:42:37時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です