【Excel】日付を効率よく入力する

商品管理や請求書作成など、Excel(エクセル)で日付を入力する機会は多いですね。

そのため、日付の入力が効率よくできると、作業時間の短縮につながります。

例えば、日付を「○○年○○月○○日」と一つずつ入力していると、手間も時間もかかりますが、簡単に入力できれば、その分効率が上がりますね。

そこで今回は、Excelで日付(年月日)を入力する方法をご紹介します。

このとき、実際に入力した値と表示される値が違う点に注意しましょう。


【ゆっくり】Excel で日付を効率よく入力する方法【パソコン大学】

日付の入力

半角英数字入力モードにする

効率よく日付を入力したい場合は、半角英数字入力モードにしておくと良いでしょう。

なぜなら、入力した値を確定する[Enter]キーを押す回数を減らせるからです。
また、日付の入力で使う「/」の記号も入力しやすくなります。

日本語入力モードから半角英数字入力モードに切り替える際は、[半角/全角]キーを押します。
または、入力モードのボタンをクリックします。

入力モードのボタンが「A」になっていればOKです。

日付を入力する方法

日付を入力したい時は、年月日を「/」または「-」で区切って入力します。

例えば、「2022年12月1日」を入力したい場合は、「2022/12/1」と入力します。

Excel日付の入力1

入力ができたら[Enter]キーを押して確定させます。

Excel日付の入力2

日付の入力ができました。

「/」の代わりに「-」で区切って日付を入力することもできます。

「2022-12-1」と入力した場合

Excel日付の入力3

[Enter]キーを押して確定すると、「2022/12/1」となります。

Excel日付の入力4

「○○年○○月○○日」の形式にするには

入力した日付を「○○年○○月○○日」と表示させたい場合は、表示形式を変更します。

形式を変更したいセルを選択した状態で、「ホーム」タブ「数値」グループの「数値の書式」(今は「日付」となっている)の隣にある「▼」をクリックします。

Excel日付の入力5

「長い日付形式」をクリックします。

Excel日付の入力6

「○○年○○月○○日」と表示されました。

Excel日付の入力11

今年の日付を入力する方法

今年の日付を入力したい場合は、月日を「/」または「-」で区切って入力します。
すると「〇月〇日」の表示になります。

例えば「12/1」と入力した場合

Excel日付の入力8

[Enter]キーを押して確定すると、「12月1日」と表示されます。

Excel日付の入力9

数式バーを確認すると、「2023/12/1」となっており、今年の日付が入力されていることが分かります。

Excel日付の入力10

「/」の代わりに「-」で区切った場合も同様です。

「12-1」と入力した場合

Excel日付の入力12

[Enter]キーを押して確定すると、「12月1日」と表示されます。
また、数式バーを確認すると、「2023/12/1」となっており、今年の日付が入力されていることが分かります。

Excel日付の入力14

入力した日付を「○○年○○月○○日」と表示させたい場合は、前項の方法で表示形式を変更しましょう。

まとめ

  • 日付は、年月日を「/」または「-」で区切って入力する。
  • 今年の日付は、月日を「/」または「-」で区切って入力する。表示は「〇月〇日」となる。

created by Rinker
¥1,298 (2024/06/24 11:47:48時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,200 (2024/06/24 11:47:48時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,310 (2024/06/24 11:42:28時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です