コラム

パソコン教室でも人気の「タッチタイピング」とは?コツを学んでタイピングのスキルアップを目指そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「タイピング」とは、パソコンなどのキーを打つこと、またその技術のことです。さらにキーボードを見ずにタイピングをすることを「タッチタイピング」と呼びます。

タイピングはパソコンを操作する上で非常に大切なスキルです。タイピング専門のコースがあるパソコン教室もあります。しかしパソコン初心者の方の中には、「タイピングが苦手」「自分にできるようになるのか不安」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。また、日常的にパソコンを使っている方からも、作業効率を上げるためにタイピングの仕方を見直したいという声をよく聞きます。

コツを学んで、タイピングのスキルアップを目指しましょう。

タイピングが大切な理由

タイピングはパソコンの基本操作です。文書作成・データ入力・メール作成・検索など、様々な作業でタイピングは登場します。

つまり、タイピングのスピードが速くなると、その分作業のスピードも速くなるということです。

例えば文書作成をする場合、文書の内容を考えることに時間をかけたいですよね。そんな時にタイピングに時間がかかったり打ち間違えが多かったりすると、作業時間が長くなりストレスも大きいでしょう。

タイピングをマスターすると、確実に作業効率があがります。パソコンでの作業のスピードを改善したい場合は、タイピングを見直しましょう。

タッチタイピングとは

「タッチタイピング」とはキーボードに視線を落とさずに画面を見ながらタイピングをすることです。「ブラインドタッチ」と呼ばれることもあります。

タッチタイピングのメリットとはなんでしょうか。

タイピングのスピードが上がる

キーの位置を覚えていないと、一つ一つ確認しながらタイピングをすることになるので時間がかかりますね。タッチタイピングをマスターすると、確実にスピードが速くなります。

目に負担がかからない

画面と手元のキーボードを交互に見てタイピングをするのは目に負担がかかります。さらに資料を見ながら作業をする場合は、資料・キーボード・画面の3つを確認しないといけないので大変ですね。タッチタイピングができると目へのストレスが軽減できます。

入力ミスが減る

タッチタイピングで安定したタイピングができるようになると、入力ミスも減ります。また、もし入力ミスをしてもすぐに気づくことができるでしょう。効率アップにつながりますね。

タッチタイピングを身に着けるには

タッチタイピングを身に着けるコツは、効率的な練習を地道に続けることです。

練習では以下のポイントに気を付けましょう。

  • ホームポジション(正しい指使い)を意識する
  • 速さよりも正確さを重視する
  • 画面だけを見て練習する

タッチタイピングを身に着けるには、どの指でどのキーを入力するか覚えることが大切です。左手の人差し指を「F」、右手の人差し指を「J」においた状態をホームポジションといいます。このホームポジションを意識して練習を行いましょう。

初めはゆっくりでも良いので、正確さを重視します。キーボードを見ずに、画面だけを見てキーを打つ練習を続けてみましょう。

「一人で練習を続けるのは辛そう」「くじけそう」という方には、パソコン教室など、誰かと一緒に頑張れる環境を作るのもおすすめです。成長を確かめたり、集中力を高めたりすることができますよ。モチベーションを維持しながら練習できると良いですね。

パソコン教室でタイピングスキルを強みにしよう

パソコンの基本操作である「タイピング」。キーボードを見ないで打つ「タッチタイピング」までマスターすると、作業効率が確実にアップします。

効率的な練習を地道に続けましょう。一人では不安な場合は、パソコン教室などモチベーションを保てる環境で練習できると良いですね。

タイピングスキルを強みにして、活躍の場を広げてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お知らせ

お知らせです
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。