コラム

基本操作・就活・資格取得…パソコン教室に通う目的別おすすめ学習内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「パソコンを買ったので活用できるようになりたい」「就職に向けて資格を取得したい」「仕事の効率をあげるためにスキルアップしたい」など、パソコン教室に通う目的は人それぞれでしょう。効率よくスキルを身に着けるために、目的に合わせた学習ができると良いですね。今回は、パソコン教室に通う目的別に、おすすめの学習内容の例をご紹介します。

目的別おすすめ学習内容

パソコンを買ったので活用したい

パソコンを新しく購入した方や初心者の方は、基本操作をしっかり身につけるための学習がおすすめです。

パソコン入門:まずは電源の入れ方、マウスの使い方などの基本操作をはじめ、インターネットを便利に使う方法などを学びましょう。インターネットの使い方が分かると、気になることを調べたり、オンラインショッピングを楽しむことができたり、日常生活に役立ちます。

タイピング:パソコン操作の基礎である「文字入力」の効率の良い方法を学びます。インターネットやメール、文書作成など、様々な操作につながります。

文書作成:基本操作を学んだあとは、Word(ワード)、Excel(エクセル)などで簡単な文書作成ができように学習を進めるのがおすすめです。季節のハガキやカレンダー、家計簿をオリジナルで作れると楽しいですよ。

自治会・PTAの役員になったので資料を作りたい

地域の活動に参加することになった場合、役職によっては、お知らせや議事録、会計書類などを作成する必要があります。文書作成の基礎ができると良いでしょう。

Word基礎:Word(ワード)は文書作成をする際によく使われるソフトです。文字だけのお知らせはもちろん、表や画像を入れることもできます。様々な機能を学んで、効率よく見栄えの良い資料が作れるようになると良いですね。

Excel基礎:Excel(エクセル)は表計算ソフトと呼ばれ、表の作成や計算が得意なソフトです。基礎を学ぶと、合計などの計算を自動で行う表を作成することができます。収支報告書や予算案などを任されても安心ですね。

PowerPoint基礎:PowerPoint(パワーポイント)は「パワポ」の愛称で親しまれ、「スライド」と呼ばれる資料を作成するソフトです。活動実績の発表やチラシの作成をする機会がある方は、基礎を学んでおきましょう。

就職のため資格を取得したい

就職活動や、内定後の実務に向けて、パソコンの資格を取得したいと考えている方も多いでしょう。おすすめは、知名度が高いマイクロソフト社公認の資格「MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)」です。

Word、Excel、PowerPoint基礎:ビジネスシーンでよく使われているWord、Excel、PowerPoint。MOSの試験は、それぞれのソフトのスキルが問われます。MOS取得に向けて、まずは受験するソフトの基礎を固めましょう。

MOS試験対策:試験範囲の学習をしっかり行います。模擬試験を活用して、時間配分や苦手分野の確認をしてから本番に臨めると良いですね。MOS試験は様々な書類を作成する実技形式となっているので、試験対策がそのままパソコンの経験につながります。

仕事の効率を上げるためスキルアップしたい

スキルアップしたい方は、ビジネスシーンでよく使われているWord、Excel、PowerPointを効率よく使えるようになることを目指しましょう。

Word、Excel、PowerPoint基礎:すでに実務でこれらのソフトを使われている方が多いと思いますが、基礎からの学習がおすすめです。自己流で使っている方が基礎を学ぶと、今まで知らなかった機能や効率の良い方法など様々な発見があるでしょう。

Word、Excel、PowerPoint応用:基礎をしっかり固めた後は応用に進みましょう。Wordでは長文の作成や校閲の方法、Excelでは様々な関数、PowerPointではスライドのカスタマイズ方法など、知っていると便利な機能がたくさんあります。応用を学び効率アップにつなげましょう。

趣味に活かしたい

趣味がある方や、サークルや習い事をしている方がパソコンを活用できると、活動の幅が広がりますよ。

写真の活用:旅行など写真をたくさん撮る機会がある方は、写真の管理方法を学ぶと便利です。また、撮った写真をハガキやお知らせに入れることもできます。思い出の写真を使って、オリジナルの年賀状やカレンダーを作るのはいかがでしょうか。

文書作成:簡単な文書作成の学習もおすすめです。お知らせや活動の記録が作れるようになると、活躍の場も増えるでしょう。

体験レッスンや説明会で確認しよう

パソコン教室に通う目的は人それぞれなので、ご紹介してきた例の他にも沢山あるかと思います。また、学習できる内容はパソコン教室によって異なります。

「自分の目的に合わせた学習ができるか」という点は、パソコン教室を決める際の大きなポイントになりますね。

無料の体験レッスンや説明会を行っている教室が多いので、入会前にしっかり確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お知らせ

お知らせです
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。