コラム

パソコン教室に通う人の年齢層は幅広い!年代別のパソコン教室活用例を見てみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パソコン教室を検討している方の中には、「自分の年齢でも通えるのか」「ついていけるのか」と不安に思う方もいるのではないでしょうか。特にシニアの方や初心者の方は、教室の雰囲気が分からないと不安が大きいかもしれません。でも、パソコン教室には様々な年齢層の方が通っているので、安心してくださいね。年代別の活用例とともにご紹介します。

パソコン教室に通う方の年齢層

パソコン教室への入会を検討されている方にとって、「パソコン教室にはどんな年代の方が通っているのか」というのは気になる点のひとつではないでしょうか。実際に「自分の年齢でも大丈夫でしょうか」「どんな年齢層の人が通っていますか」というご質問を受けることがあります。

結論から言うと、パソコン教室には幅広い年齢層の方が通うことができます。未成年の場合は保護者の同意書が必要になりますが、年齢制限などはありません。 実際に当教室でも、 10代の学生の方から80代を超えた高齢の方まで、様々な年代の方に通っていただいています。

教室によっては「小学生コース」や「シニアコース」など年齢で区切ったコースが用意されていることもあります。同じ年代の方と一緒の方が安心、という方におすすめです。

どちらにしても、大切なのは気持ちです。「パソコンを使えるようになりたい」という気持ちのある方は、ぜひ年齢を気にせず始めてみてくださいね。

年代別の活用例

では、それぞれの年代でパソコン教室をどのような形で活用しているのか、具体的な例をご紹介します。

10代

最近は中学校や高校でもパソコンを使った授業や課題があるそうです。10代では、今のうちにタイピングをしっかり身につけたい、Word、Excel、PowerPointの学習をしたい、という方が多い印象です。

20代

就職活動中の学生の方は、社会人に必須のパソコンのスキルを身につけたり、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)などの資格取得を目指したりしています。パソコンのスキルは、学校で論文やレポートを書く際にも役立つようです。

30代~40代

パソコンのスキルを現在の仕事に活かしたい方の他、転職に向けてスキルアップをしたい方、資格を取得したい方も多いです。これまでほとんどパソコンを使ったことのない方や、自己流で使っていた方には、基礎からの学習をおすすめしています。基礎がしっかり身についていると、仕事の効率もアップするので好評です。

50代~60代

転職や異動をしたり、同じ職場でも仕事の仕方やスタイルが今までと変わったりして、急にパソコンのスキルが必要になった、というお話をよく聞きます。また、趣味の活動に活かしたい、と書類やハガキの作成を学んでいる方もいます。

70代~80代

インターネットの使い方や文書の作成方法などを学んで、新しい趣味を見つけたいという方が多いです。また、以前もパソコンを使っていたけれど、自治会などで書類作成が必要になったため、改めて学習をされている方もいます。

以上はほんの一例です。「やってみたいこと」「必要なこと」は人それぞれでしょう。「パソコンを学びたい!」と思った時、ぜひパソコン教室を検討してみてくださいね。

年齢を気にせずパソコン教室を活用しよう

ご紹介してきたように、パソコン教室には様々な年代の方が通っています。シニアの方や初心者の方も安心ですね。身につけたいスキルやタイミングは人それぞれです。「パソコンを学びたい」と考えている方は、年齢を気にせず、上手にパソコン教室を活用してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お知らせ

お知らせです
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。