Excel

【Excel】図形を文字の後ろに配置できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

以前、Wordで「図形を文字の後ろに配置したい」と言う投稿をしました。今回はこれと同じことがExcelではどうなるのかについて解説します。
以前の記事については以下をお読みください。

Wordで図形を文字の後ろ側に配置することが出来る機能は、とても便利です。図形で囲ってあげることで見栄え良くしたり、インパクトのある文書を作ることが出来ます。図形で文書を括って内容を見やすく並べたりすることも出来ます。

Excelで図形を文字の後ろにできるのか?

では、Excelでは同じことが出来るのでしょうか?

結論から申し上げますと、Excelでは「図形を文字の背面にする」と言う機能を使うことは出来ません

Excelはセルという概念があるので、図形を使わずとも、セル単位で色を塗ったりすることが出来セルを上手に使うことで文書を分けることが出来るからです。

図形を使う代わりに

Wordの「図形を文字の背面に持っていく」と言う機能と同じようなことをExcelでやりたい場合にはどうしたら良いでしょうか?上述のWordの記事のように、「文章の見出しを目立たせたい」と言う場合、どんなことが出来るかいくつか例を考えてみました。

●図形を文字の後ろに持っていく代わりに出来ること

  1. セルを結合してセルを塗りつぶす
  2. 図形の透明度を上げる(Wordでも可能)
  3. テキストボックスを使う(Wordでも可能)
  4. ワードアートを使う(Wordでも可能)

実は、2~4はWordでも同じことが出来ます。今回はこちらについては解説を省略します。

1がExcel特有のやり方となりますので、以下「1.セルを結合してセルを塗りつぶす」について解説していきます。

セルを結合してセルを塗りつぶす方法

まず、Excelのセルにタイトルとなる文字を入力します。そして、タイトルの幅までセルを選択します。例では、A1からH1まで選択しました。

次に、「ホームタブ>配置グループ」から「セルを結合して中央揃え」をクリックします。

A1からH1までのセルが結合されて、最初に入力した文字列が中央揃えになりました。

次にセルの色を変えてみましょう。
セルの色を変えるには、ホームタブのフォントグループから「塗りつぶしの色」を選びます。(バケツが傾いた絵の右側にある小さな三角形▼をクリックしてください。)
カラーパレットからお好きな色をクリックしましょう。ここでは、「薄い青」を選択しました。

フォントの大きさを変えたり、太字にしたり、セルの枠線を二重線にしたりすることで、タイトル見出しをより目立たせることが出来ます。

いかがでしたでしょうか?
Wordと同じやり方ではないですが、Excelも背景色を付けることが出来ます。

まとめ

  • Excelでは、Wordの「文字列の折り返し」の「背景」と言う機能は無い。
  • その代わりにセル単位で色を変えて行く。
  • 「セルを結合して中央揃え」を使うことで複数のセルを一つのセルのようにすることが出来る。

スタッフS

お知らせ

お知らせです
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。