【Word】文書の行末がデコボコ?右端を揃えるには

Wordで文書を作成するとき、右端がきれいに揃わず困った経験はありませんか?

行末の文字がデコボコしていては見栄えが悪いですね。

[両端揃え]を使うと、行末もきれいに揃えることができます。

では、詳しくご紹介します。



文字の配置とは

文字の配置を設定するボタンは[ホーム]タブ[段落]グループに並んでいます。
配置の種類には「左揃え・中央揃え・右揃え・両端揃え・均等割り付け」があります。

  • 左揃え:文章を左に揃える
  • 中央揃え:文章を真ん中に寄せる
  • 右揃え:文章を右に揃える
  • 両端揃え:基本は左揃えだが、文字が右端まで来ると左右の端に文字を揃える
  • 均等割り付け:文字数に関わらず、左右の端に文字をぴったり収める

これらの文字の配置は、段落ごとに設定できます。
(「段落」とは、段落記号を区切りとした1つの文章のかたまりのことです。)

[両端揃え]と[左揃え]の違い

左右の端が揃った見栄えが良い文書を作成したい時は、[両端揃え]を使います。

[左揃え]でも良いのでは?と思う方もいるかもしれませんね。
ここで[左揃え]と[両端揃え]の違いを確認しましょう。

[左揃え]は、文字を左に詰めて配置する機能です。
フォントの種類によっては、行末にスペースが空いてしまうことがあります。

一方、[両端揃え]は、1行に文字を均等割り付けして配置する機能です。
フォントの種類に関わらず、行末は必ず揃います。ただし、文字数が少ない場合は均等割り付けになりません。

Wordを起動すると、既定で設定されているのも[両端揃え]です。
きれいに見せたい文書は[両端揃え]で作成していくと良いでしょう。

行末が揃わない原因

例えば…

文書のはじめに日付を入力して[右揃え]にします。
次の行にカーソルを移すために[Enter]キーを押すと、カーソルが右端にきます。
次の行は左端から入力したいので、[左揃え]をクリック…

こうしてしまうと、以降の文書の右端はデコボコになってしまいます。

こんな場面では[左揃え]ではなく、[両端揃え]を使うようにすると良いですね。

行末のデコボコを揃える方法

まず、1つの段落の行末がデコボコしている文章について、[両端揃え]を使って右端を揃える方法です。

対象の段落のどこかをクリックし、カーソルがある状態にします。
[ホーム]タブ[段落]グループの[両端揃え]をクリックします。

右端がきれいに揃いました。

続いて、連続する複数段落の行末がデコボコしている文章について、[両端揃え]を使って右端を揃える方法です。

対象の複数段落をドラッグし、範囲選択します。
[ホーム]タブ[段落]グループの[両端揃え]をクリックします。

右端がきれいに揃いました。

最後に、テキストボックス内の文章について、[両端揃え]を使って右端を揃える方法です。

対象のテキストボックスの枠線をクリックして選択します。
[ホーム]タブ[段落]グループの[両端揃え]をクリックします。

テキストボックス内で右端がきれいに揃いました。

まとめ

  • 文字の配置を設定するボタンは[ホーム]タブ[段落]グループにある。
  • 文字の配置は、段落ごとに設定できる。
  • 行末を揃えたい時は、[両端揃え]を使う。

FOM Word基礎(2021)
created by Rinker

created by Rinker
¥1,298 (2024/06/24 09:05:23時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,200 (2024/06/24 23:29:10時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です