【Word】電話の記号が黒電話にならない!

「ゆうびん」と入力し変換することで「〒」を、「でんわ」で「☎」を入力することが可能です。

しかし、「でんわ」で変換候補に出てきた「黒電話の記号」を選択したはずが、が実際に入力されたのは「赤いプッシュボタン式の電話」なんてことが起こります。

ビジネス文書にそぐわないカラフルな絵文字に困った方も多いのではないでしょうか。

黒電話になるはずが、カラフルな電話に

どういうこと?

フォントを変更しても、黒電話にはなりません。フォントの色を黒に変更しても、「書式のクリア」をしても同様です。「フォント」や「書式」の問題ではないことがわかります。一体どういうことなのでしょう?

これは本来「文字記号」として入力されるはずが、Wordにより勝手に「絵文字」に変換されているのです。

黒電話にするには?

黒電話の記号にするには、まず入力されたカラフルな電話の絵文字を選択して切り取り(またはコピー)し、貼り付けます。

貼り付けると、右下に「貼り付けのオプション」ボタンが出てくるのでクリックします。

切り取り→貼り付け→貼り付けのオプションボタンをクリック

1番右の「テキストのみ保持」をクリックします。

「テキストのみ保持」をクリックすると黒電話に

すると絵文字の電話を黒電話にすることができました。

黒電話に戻すことができました

回避するには?

最初から黒電話を入力したい!という場合には、「記号と特殊文字」の機能を使います。

「挿入」タブから「記号と特殊文字」をクリックし、入力したい記号を選びます。

「挿入」タブ→」「記号と特殊文字」→「記号と特殊文字」をクリックして、入力したい記号をクリックする

どんな記号で起こる?文字記号と絵文字の違いは?

この現象、他のいくつかの記号でも起こります。代表的なもので、温泉の記号、男女を示す記号、注意を促す記号などがあります。

これらも同様にして文字記号に直すことができます。

絵文字はすでに色がついているデザインなので、色を変更することができません。文字記号は文字と同じように太字や斜体、文字の効果などで書式を設定することができます。

絵文字と文字記号の違い

スマイルマークは??

似たような動作で「:)」と入力すると勝手に絵文字のスマイルマーク😊に変換されます。(c)→©、(R)→®なども同じです。これらはWordの「オートコレクト」という機能によるものです。

下図のように「オートコレクトのオプション」が出てくるのが目印です。

絵文字の右下に「オートコレクトのオプション」ボタンが見える

入力したままの「:)」に戻したい場合、入力直後なら「Back Space」キーを1回押すか、Ctrl+Zのショートカットを使います。

入力直後ならBackSpaceキーを押すか、Ctrl+Zで戻すことができる

どちらも有効ではない場合は、「オートコレクトのオプション」をクリックし、「”:)”に戻す」を選択すると入力したままの状態に戻すことができます。

どちらもできない場合は「オートコレクトのオプション」ボタンをクリックして「":)"に戻す」をクリックする

スマイルマークにも文字記号が存在するものがあります。

スマイルマーク以外にも
「:(」「:|」などにも文字記号が存在

これらを入力するには「挿入」タブの「記号と特殊文字」→「その他の記号」をクリックし「記号と特殊文字」のダイアログボックスを開きます。フォントを「Wingdings」に変更し、入力したい記号をクリックして選択し、「挿入」ボタンをクリックします。

記号と特殊文字のダイアログボックスで「Wingdings」を選択すると様々な記号が入力できる

まとめ

  • 赤い電話を黒電話にするには「切り取り」→「貼り付け」→貼り付けのオプションで「テキストのみ保持」を選ぶ
  • 最初から黒電話を入力したい時は「記号と特殊文字」の機能を使う
  • スマイルマークや©の変化はWordの「オートコレクト」機能によるもの

広告

created by Rinker
¥1,298 (2024/02/25 03:52:27時点 楽天市場調べ-詳細)

広告

created by Rinker
¥2,200 (2024/02/24 21:42:28時点 楽天市場調べ-詳細)

広告

FOM Word基礎(2021)
created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です