【Word】文字の右上・右下に小さい文字や数字を入力したい

Wordで商標登録の「Ⓡ」マーク、COの「2」のように、文字の右上・右下に小さい文字や数字を入力したいのに、うまく入力できずに困った経験はありませんか?

該当部分のフォントサイズを小さくしただけでは、上手く表現できませんよね。

そこで今回は、文字の右上・右下に小さい文字を入力する方法についてご紹介します。


【ゆっくり】文字の右上・右下に小さい文字を付ける【パソコン大学】

上付き文字・下付き文字とは

標準よりも小さいサイズで高い位置に表示された文字のことを「上付き文字」と言います。一方、標準よりも小さいサイズで低い位置に表示された文字のことを「下付き文字」と言います。

上付き文字・下付き文字のやり方1

上付き文字はx2のようなべき乗や指数を表す時や、商標登録の、著作権の©のような記号を表す時に使います。

また、下付き文字は、CO2、H2Oなどの化学式を表したい時に使う場合が多いです。

それでは、上付き文字と下付き文字を入力する方法をご説明します。

上付き文字の設定

まず、上付き文字にする方法です。
ここでは、商標登録のⓇを上付き文字に設定します。

  1. 上付き文字にしたい部分「Ⓡ」を選択します。
  2. [ホーム]タブの[フォント]グループにある[上付き]をクリックします。
上付き文字・下付き文字のやり方2

Ⓡが上付き文字になりました。

上付き文字・下付き文字のやり方3

上付き文字のショートカットキー

上付き文字は、ショートカットキーで設定することもできます。

  1. 上付き文字にしたい部分「Ⓡ」を選択します。
  2. Ctrl キー、Shift キー、プラス記号 (+) キーを同時に押します。

下付き文字の設定

続いて、下付き文字にする方法です。
ここでは、COの2を下付き文字に設定します。

  1. 下付き文字にしたい部分「2」を選択します。
  2. [ホーム]タブの[フォント]グループにある[下付き]をクリックします。
上付き文字・下付き文字のやり方4

2が下付き文字になりました。

上付き文字・下付き文字のやり方5

下付き文字のショートカットキー

下付き文字は、ショートカットキーで設定することもできます。

  1. 下付き文字にしたい部分「2」を選択します。
  2. Ctrl キー、Shift キー、等号 (=) キーを同時に押します。

上付き文字・下付き文字の解除

上付き文字・下付き文字を解除する方法もご紹介します。

上付き文字の解除

まず、上付き文字を解除する方法です。

ここでは、Ⓡに設定した上付き文字を解除します。

  1. 上付き文字を解除したい部分「Ⓡ」を選択します。
  2. [ホーム]タブの[フォント]グループにある[上付き]をクリックします。
上付き文字・下付き文字のやり方6

ショートカットキーで解除することもできます。

  1. 上付き文字を解除したい部分「Ⓡ」を選択します。
  2. Ctrl キー、Shift キー、プラス記号 (+) キーを同時に押します。

下付き文字の解除

続いて、下付き文字を解除する方法です。

ここでは、2に設定した下付き文字を解除します。

  1. 下付き文字を解除したい部分「2」を選択します。
  2. [ホーム]タブの[フォント]グループにある[下付き]をクリックします。
上付き文字・下付き文字のやり方7

ショートカットキーで解除することもできます。

  1. 下付き文字を解除したい部分「2」を選択します。
  2. Ctrl キー、Shift キー、等号 (=) キーを同時に押します。

まとめ

  • 上付き文字の設定は、[ホーム]タブの[フォント]グループにある[上付き]をクリック、またはCtrl キー、Shift キー、プラス記号 (+) キーを同時に押す。
  • 下付き文字の設定は、[ホーム]タブの[フォント]グループにある[下付き]をクリック、またはCtrl キー、Shift キー、等号 (=) キーを同時に押す。
  • 上付き文字、下付き文字の解除は、設定方法と同じボタン、またはショートカットキーを使う。

created by Rinker
¥1,298 (2024/06/24 09:05:23時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,200 (2024/06/24 23:29:10時点 楽天市場調べ-詳細)

FOM Word基礎(2021)
created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です