Excel(エクセル)でプルダウン(ドロップダウン)リストの作り方

プルダウン(ドロップダウン)とは?

文字列や数値を直接入力しないで、あらかじめ用意しておいた一覧(リスト)から選んで入力できる機能です。

「決まった文字を入力してほしい」「入力が苦手な人が操作する」などの場合にこの機能を使います。マウス操作で選ぶよりキーボードで入力した方が早い場合は操作がめんどくさいと感じるかもしれませんが、とても便利な機能なので覚えておくと便利です。

メリット

  • 指定した値(文字列や数値)以外を入力してほしくない
  • キーボードによる入力が苦手な方に操作してもらう
  • タイプミスや入力ミスを減らしたい
  • 表現のゆらぎを防ぐことができる

デメリット

  • 選択するより入力した方が早い場合がある
  • 臨機応変に対応(自由に入力)できない

プルダウンの作り方・設定方法

プルダウン(ドロップダウン)の機能を使うには「データ」タブの「データの入力規則」を使って作ります。

設定方法

  1. 入力一覧(リスト)を用意する
  2. セルに設定する

入力リストを用意する

プルダウン(ドロップダウン)はあらかじめ用意しておいた一覧(リスト)から選択して入力してもらう機能なので「あらかじめ用意しておく一覧(リスト)」が必要です。一覧(リスト)は「シート内に作る」「入力規則に作る」の2通り方法があります。今回はシート内に作っておきます。

Excel(エクセル)の邪魔にならない部分に入力できる一覧(リスト)を入力します。

見本では同じシートに作っていますが、仕事で使う場合は別シートに作るのが一般的です。

※リストは縦でも横でも作れますが、1行か1列しか認めらずエラーになります。

セルに設定する

ブルダウン(ドロップダウン)を設置したいセルを選択します(アクティブセルにします)。

「データ」タブから「データの入力規則」をクリックします。

「データの入力規則」「無効データのマーク」「入力規則マークのクリア」が表示されるので「データの入力規則」をクリックします。

「データの入力規則」ダイアログボックスが表示されました。

「入力の種類(A)」の下にある「すべての値」になっているところをクリックすると、下にメニューがでてきます。その中から「リスト」をクリックします。

「元の値(S)」の右側にある「↑(上向き矢印)」のアイコンをクリックします

「データの入力規則」ダイアログボックスが小さくなって、入力待ちの状態になります。この時マウスカーソルは範囲選択をする白い十字になっているはずです。

この状態で用意した一覧(リスト)(図ではE3からE9)を範囲選択します。

小さくなっている「データの入力規則」ダイアログボックスに選択した範囲が絶対参照で入力(図では「=$E$3:$E$9」)されていることを確認したらEnter(エンターキー)を押します。

「データの入力規則」ダイアログボックスが元の大きさに戻りました。

  • 「入力値の種類(A)」が「リスト」
  • 「戻の値(S)」が指定した範囲(絶対参照)

になっているので、ダイアログボックス右下の「OK」ボタンをクリックします。

設定したセルの右側に▼マークがついたらプルダウン(ドロップダウン)リストの完成です。

▼マークをクリックすると用意した一覧(リスト)から選択して入力することができます。

最後にオートフィルで設定したいセルにコピーしたら完成です。

まとめ

Excel(エクセル)でプルダウン(ドロップダウン)リストを設定する方法

  1. 「データ」タブから「データの入力規則」をクリック
  2. 「入力の種類」を「リスト」、「元の値」を一覧(リスト)の範囲(絶対参照)

「表現の揺らぎ」や「入力ミス」を防ぐのにとても役に立ちますが、タイピングが早い人には効率が低下する可能性があります。必要かどうかを考えて上手に活用してください。

広告

created by Rinker
¥1,298 (2024/05/22 11:07:23時点 楽天市場調べ-詳細)

広告

created by Rinker
¥2,200 (2024/05/22 11:07:23時点 楽天市場調べ-詳細)

広告

created by Rinker
¥2,310 (2024/05/22 11:06:44時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です