MOSとは?独学で合格するための勉強方法

MOSは、Word(ワード)やExcel(エクセル)などのMicrosoft Office(マイクロソフトオフィス)製品の利用スキルを証明する資格です。

取得すると、就活やキャリアアップに役立てることができます。

今回は、MOSの試験内容とおすすめの対策教材とともに、独学で合格するための勉強方法をご紹介します。

MOSとは

MOSとはMicrosoft Office Specialist(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の略。

つまり、WordやExcelなどのMicrosoft Office製品の利用スキルを証明する資格のことです。

パソコンに関する資格の中でも知名度が高く、世界で通じる国際資格でもあります。

MOSの試験内容

MOSの試験

試験科目は、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの各ソフトごと、またバージョンごとに分かれています。

さらに、WordとExcelはスペシャリス(一般)レベルとエキスパート(上級)レベルの2種類の科目があります。

試験の形態はパソコンを使った実践形式の実技試験です。

Word(文書作成ソフト)

スペシャリストレベルでは、Wordの基本的な操作を理解しているかが問われます。
出題範囲は、書式設定、表の作成や編集、変更履歴の管理などです。

エキスパートレベルでは、Wordの高度な機能を活用する必要があります。
出題範囲は、文書の管理や編集の制限、スタイルの管理やカスタマイズ、索引の作成や管理などです。

Excel(表計算ソフト)

スペシャリストレベルでは、Excelの基本的な操作を理解しているかが問われます。
出題範囲は、セルの書式設定、数式、テーブル機能、グラフなどです。

エキスパートレベルでは、Excelの高度な機能を活用する必要があります。
出題範囲は、ブックの管理や入力規則、条件付き書式の設定、高度な関数、ピボットテーブル・グラフなどです。

PowerPoint(プレゼンテーションソフト)

PowerPointの主な機能を利用して、目的・状況に応じたプレゼンテーションを作成・編集するスキルが問われます。
出題範囲は、スライドマスターや配布資料マスターの編集、書式設定、アニメーションや画面切り替えの設定、スライドショーの設定などです。

Access(データベース管理ソフト)

365&2019のバージョンでは、Accessの科目はエキスパートレベルのみになりました。

Access の操作方法とデータベース設計の原則を理解する必要があります。
出題範囲は、テーブル、リレーションシップ、クエリ、フォーム、レポートなどです。

Outlook(電子メール管理ソフト)

Outlookの主な機能を活用できるかを問われます。
出題範囲は、メールの作成、連絡先の管理、予定表の活用、タスクの管理などです。

※それぞれの科目の詳しい出題範囲については、公式サイトの試験概要をご確認ください。

MOSを取得するメリット

MOSのメリット

MOSは、パソコンのスキルを客観的に証明することができる資格です。

「パソコンの経験が浅い人」と「パソコンの基礎がしっかりしている人」では、入社後すぐに活躍できそうなのは後者でしょう。

そのため、就職活動の際のアピール材料になります。

さらに、対象となる複数の科目を同一バージョンで合格すると、科目に応じてMOSの称号が贈られます。

例えば、MOS 365&2019の称号は、「Microsoft Office Specialist Associate」と「Microsoft Office Specialist Expert」です。

MOSの称号

この称号によって、複数のソフトを扱う総合的なスキルを証明することができます。

「状況に応じて効率よく作業できる」という証明になるので、就職・転職活動でより有利になるでしょう。

また、MOS取得を昇格要件としている企業もあります。

資格の勉強がそのまま実践的な知識につながるので、キャリアアップにつながる資格ともいえますね。

独学の方法

MOSの勉強方法は、大きく分けて2通りあります。

まず本を購入するなどして独学で進める方法。
もう1つはパソコン教室などで対策講座を受講して学習する方法です。

今回は、独学の方法についてご紹介します。

1.目標の受験日を決める

独学のデメリットは「モチベーションの維持が難しいこと」です。

このデメリットを解消するために、初めに目標を決めましょう。

目標の受験日を決めたら、逆算して学習スケジュールを立てます。

2.対策教材で学習を進める

学習には、書店などで購入できる対策教材を活用しましょう。

出題範囲の学習を効率よく進めることができます。

苦手な分野がある場合は、繰り返し学習しましょう。

3.模擬試験にチャレンジする

出題範囲の学習が終わったら模擬試験にチャレンジしましょう。

対策教材を選ぶ時に、模擬試験ができるものを選んでおくと良いですね。

模擬試験を受けることで、試験の形式に慣れたり、苦手分野が明確になったりします。

模擬試験も繰り返しチャレンジしましょう。

高得点が出せるようになったら、安心して本番を迎えられますね。

おすすめ書籍

おすすめは、富士通エフ・オー・エム株式会社 (FOM出版)の対策テキストです。

出題範囲を分析・網羅したテキストで、添付のCD-ROMにはオリジナルの模擬問題5回分を収録した模擬試験プログラムが収録されています。

科目ごとに対策テキストがあるので、必要なテキストを購入しましょう。

こちらの対策テキストでは、出題範囲を問題を解きながら学習していくことができます。

出題範囲の学習が終わったら、模擬試験プログラムにチャレンジしましょう。

本番さながらの試験問題を解くことで、試験形式に慣れることができます。

さらに、不正解だった問題に再挑戦できる再挑戦モードや、解答動画などが搭載されているので、苦手分野の克服に活用しましょう。

まとめ

MOSはMicrosoft Office製品の利用スキルを証明する資格です。

パソコンに関する資格の中でも知名度が高く、就活やキャリアアップに役立てることができます。

MOSの学習を独学で進める場合は、対策教材を準備しましょう。

目標の受験日を決め、出題範囲の学習をしたら、模擬試験にチャレンジします。

模擬試験は、試験の形式に慣れるために重要です。また、繰り返し問題を解き、苦手分野の克服に活かしましょう。