コラム

事務職で使えるスキルをパソコン教室で身につけよう!就職・転職活動でアピールできる資格取得がおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パソコン教室に通い始めるきっかけに「事務職に就きたい」という理由を挙げる方も多いです。社内でパソコンを使って仕事をするイメージのある「事務職」。休みが安定して取れることや転勤や残業が少ないこと、また力仕事ではなく座ってできる仕事であることなどが人気の理由のようです。

では、人気の事務として働くためには、実際にどのようなスキルが必要なのでしょうか?必要なスキルや面接でアピールできるポイントを確認して、就職・転職活動に活かしましょう!

事務職に必要なパソコンのスキルを確認しよう

事務職の求人情報を調べると、求める人材には「簡単なパソコン操作ができる方」や「基本的なパソコン能力のある方」と挙げられていることが多いです。

具体的には以下のことができると良いでしょう。

  • 文字入力(タイピング)
  • メールの送受信
  • ファイルの保存や移動などの管理
  • ワードでの書類作成
  • エクセルでの計算やデータ管理

企業によっては、「ワードでの図形と画像の挿入」や「エクセルでの表とグラフの作成」など具体的な業務をイメージして提示しています。また、上記以外にも「パワーポイントでの資料作成」や「ホームページの管理」、「アクセスでのデータ管理」などのスキルを必要としている場合もあります。希望する企業がある方は事前に確認しましょう。

資格所得を目指して学習しよう

既に「基本的なパソコン能力がある方」は、そのまま就職・転職活動に臨めますが、パソコンをこれまであまり使ったことのない方は不安だと思います。自信をもって就活に臨めるように、パソコン教室や独学で学習を始ましょう。

これから学習を始める方には、「資格取得を目指した学習」がおすすめです。

資格を持っていると、スキルを客観的にアピールできます。採用する側から見た時に、「パソコンを使えます!」と言うだけの方と「この資格をもっています」という方がいたら、後者の方が説得力がありますね。入社した後のイメージもしやすいでしょう。

パソコンの資格で人気なのは「Microsoft Office Specialist(マイクロソフトオフィススペシャリスト)」略して「MOS」。MOSは、ワードやエクセルなどのマイクロソフトオフィスの利用スキルを証明できる資格として認知度が高いのでおすすめです。試験はワード、エクセル、パワーポイントなどソフト別、また難易度別に分かれているので、必要な学習を進めましょう。

また、MOSは実技形式の試験なので、資格所得へ向けた学習がそのままパソコンの経験につながります。実践に近い形でスキルを身につけつつ、資格取得を目指しましょう。

資格取得前でも就活はできる

「資格を取得してから就職・転職活動をしないと…」と思っている方もいるかもしれませんが、パソコン教室に通いながら就職・転職活動をしている方もいます。

「資格取得に向けた学習をしています」「パソコン教室に通っています」という「前向きな姿勢」や「業務につく頃にはスキルを身につけている」というイメージを印象付けられると良いですね。
実際にこの条件で採用が決まった方もいらっしゃいますよ。

面接をしても1度で採用が決まらないこともあるかと思います。就職活動も経験が大切です。「どんなスキルをアピールすれば良いのか」「こんな質問がきたらこう答えよう」など、パソコンの学習と並行して面接の経験を積むのも良いでしょう。

事務職に必要なパソコンのスキルを身につけて就活でアピールしよう

事務職に必要とされる基本的なパソコンのスキル。これからを身につけたいという方には、資格取得を目指した学習がおすすめです。ワードやエクセルの知識を身につけながら、操作の経験を積むことができますよ。就職・転職活動時にまだスキルに不安があっても、「パソコン教室に通っている」「学習を続ける」「資格はいつ頃取る予定」など前向きな姿勢をアピールできると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お知らせ

お知らせです
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。