Word

【Word】文字の位置を揃える②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回の記事「【Word】文字の位置を揃える①」からの続きです。

前回は、「文字の均等割り付け」を行って、「日時・集合・場所・費用・持ち物」のそれぞれの文字を3文字分の幅で均等に割り付けると言うことをしました。これによって2文字の文字も3文字分の幅の中でバランスよく配置されるようになりました。

今回は、項目と内容の隙間を空けてもう少し見やすくしてみたいと思います。内容の部分である「4月1日、午前10時・・・」を8文字目から始める様にし、そこにリーダー線(文字の間に……のように線で繋げていくこと)をしてみたいと思います。

完成した文書を以下のような感じになります。上記と比べてだいぶ見やすくなっていますね。

完成した文書を見ると、「そうそう、こんな風にしたかったのよ」と思う方もいらっしゃるのではないかと思います。

以下で、手順を解説します。

段落設定のタブ設定

まず、「日時」の行から「持ち物」まで行選択します。

[ホーム]タブから[段落]グループの[段落の設定]をクリックします。[段落設定]とは、段落グループの右下にある矢印記号の様なところです。下記の図を参考にしてください。

[段落]ダイアログボックスで、[インデントと行間]タブの[タブ設定]をクリックします。

[タブとリーダー]ダイアログボックスで、タブ位置⇒8と入力、リーダー⇒(2)を選択し、[OK]ボタンをクリックしましょう。ここでタブの位置とリーダー線の種類を決めています。

タブの幅が変わり、リーダー線が追加されて表示されました。[表示]タブで[ルーラー]にチェックをしてルーラーを表示してみると、8文字目で揃っていることがわかりやすくなります。

タブの幅は行頭から8文字目の位置まで広がり、続く文字は9文字目の位置からぴたりと揃っています。
タブはリーダー線「…」で置き換えられて表示されています。

まとめ

  • 文字と文字の間隔を空ける時には、スペースキーは使わずに[タブ設定]を使う。
  • ホームタブの[段落グループ]の右下の角にある[タブ設定]マークをクリック⇒[段落]ダイアログボックス⇒[タブ設定]と言う順番で設定画面を開く。
  • [タブ位置]でタブの終わりの位置を設定する。
  • [リーダー]でリーダー線の種類を設定する。

お知らせ

お知らせです
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。