コラム

エクセル(Excel)を学ぼう!できることとパソコン教室スタッフおすすめの学習方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
エクセルを学ぶ

「エクセル(Excel)」とは、表・グラフの作成や計算をするためのソフトです。分かりやすい資料作りに欠かせない便利なソフトですが、苦手意識がある方もいるのではないでしょうか。初心者の方は特に、分からないことを質問しながら学習しましょう。今回はエクセルを使ってできることやパソコン教室スタッフおすすめの学習方法、また取得できる資格についてもご紹介します。

エクセルは表・グラフの作成や計算に便利なソフト

マイクロソフト(Microsoft)社が提供しているビジネス用アプリケーションソフト「マイクロソフトオフィス(Microsoft Office)」。その1つである「エクセル(Excel)」は、表・グラフの作成や計算など、数値データを扱う時に便利なソフトです。

エクセルの画面は、方眼紙のようなマス目に区切られています。それぞれのマスに項目名や数値を入力すると、そのまま表の形になるのが特徴です。その他、クリック1つでグラフを作成できたり、合計や平均の計算ができたりする機能もあります。自治会の会計、会社での売り上げ管理、生徒の成績などの資料を作成する時に役立ちますよ。

また、上級者向けの「マクロ」「データベース」などのデータを効率的に処理する機能も使えるようになると、さらに活躍の場が広がります。

エクセルの学習は「質問しながら」「手を動かしながら」進めよう

エクセル初心者の方や苦手意識のある方は、まずは入力の仕方から学習を始めましょう。沢山のデータを扱うために効率的な入力方法が色々あるので、ぜひ試してみてくださいね。その後、基本的な編集機能、グラフの作成、関数を使った計算など少しずつステップアップしていきましょう。

また、すでに業務などでエクセルを使ったことがある、という経験者の方も、基礎から学習してみてはいかがでしょうか。エクセルには便利な機能や操作方法が沢山あるので、今よりも効率のよい方法が見つかるかもしれません。

初心者向けの本を購入して勉強しても良いですが、「本の通りに操作できなかった」「分からなくて飛ばしてしまった」というお話もよく聞きます。分からないことはすぐに質問できる環境の方が、効率よくストレスなく、学習を進めることができますよ。周りにエクセルを教えてくれる人がいない場合は、パソコン教室への通学がおすすめです。ビデオ学習や一斉授業の教室よりも、個別学習の教室の方が、周りを気にせず質問することができますよ。

基礎から徐々に使える機能を増やしていきますが、大事なのは、実際に手を動かしてみることです。ご自宅でもパソコン教室でも、繰り返し使って身につけていってくださいね。

エクセルのスキルを証明できる資格「MOS」

パソコンの資格

パソコンのスキルを証明できる資格の1つに、マイクロソフト社が実施している「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」というものがあります。その1種である「エクセル スペシャリスト(一般)」は、エクセルでの基本的な機能を理解していることを証明できる資格です。職種や職場にもよりますが、エクセルの基本的な操作は実際の業務でもすぐに活かすことができるので、「エクセル スペシャリスト」の資格取得は就職・転職活動の際にアピール材料になります。

就職や転職の予定がない方も、せっかくエクセルを学習するなら、資格取得を目標にしてみてはいかがでしょうか。実技形式の試験なので、対策学習がそのままエクセルの経験につながります。モチベーションの維持にも良いですよ。上級者向けに「エクセル エキスパート(上級)」レベルもあるので、学習の進度に合わせて挑戦してみましょう。

エクセルの基礎からMOSの受験までサポートしてくれるパソコン教室もあるので、気になる方は相談してみてくださいね。

エクセルを使えるようになって活躍の場を広げよう

エクセルは表・グラフの作成や表計算をする時に便利なソフトです。職場や自治会などで資料作りに役立つので、エクセルを使えるようになると活躍の場が広がりますよ。学習する時は、パソコン教室などで分からないことを質問しながら進めましょう。繰り返し使って使い方を身につけてくださいね。エクセルのスキルを証明できる資格取得を目指すのもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お知らせ

お知らせです

コメントを残す

*