コラム

求人情報にある「基本的なパソコン操作」はパソコン教室で身につけよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

就職・転職活動をしていると、応募資格として「基本的なパソコン操作(PC操作)ができる人」など、パソコンのスキルが求められることがあります。求人欄にもよく書かれている「基本的なパソコン操作」とは、実際にはどれくらいのレベルを指すのでしょうか。就活に必要な目安や資格をチェックして、パソコン教室でスキルアップを目指しましょう。

求人情報にある「基本的なパソコン操作」の目安

求人欄を見ると、色々な職種でパソコンのスキルが必要であることが分かります。でも求人欄には「基本的なパソコン操作ができる」や「パソコンのスキルが活かせる」と書かれているだけで、必要なスキルの詳細は書かれていないことも多いです。求人情報を確認する際の目安が分かると安心ですね。

大手求人サイトを調べると、「基本的なパソコン操作ができる人」に当てはまるスキルには次のようなものがありました。

  • タイピングが問題なくできる
  • フォルダー、ファイルの操作ができる
  • ビジネスメール(文字の入力、送受信に関する操作など)ができる
  • ワードの操作(入力、印刷、文字の装飾、画像の挿入など)ができる
  • エクセルの操作(入力、表作成、データ検索、簡単な計算など)ができる

必要なスキルは職場により異なりますが、参考にしてみてくださいね。

パソコンのスキルをアピールできる資格

資格とは、スキルを客観的に証明できるものです。「パソコンが使えます」と言うよりも「資格を持っています」と言う方が説得力がありますね。

パソコンに関する資格を取得しておくと、求人欄の応募条件に「基本的なパソコン操作ができる人」とあった場合に、履歴書や面接でしっかりアピールできますよ。

パソコンに関する資格には次のようなものがあります。

MOS

マイクロソフト社によるオフィスソフト(ワード、エクセル、パワーポイントなど)のスキルを認定する資格です。試験はソフト別、レベル別に分かれています。パソコンに関する資格の中でも認知度が高いのでおすすめです。ワードやエクセルは社会人に欠かせない定番のソフトでなので、就職後にもしっかり活かせますよ。

日商PC検定

日本商工会議所が実施する検定です。文書作成、データ活用、プレゼン資料作成に分かれ、級ごとに求められるレベルが変わります。ソフトの操作に加え、IT関連の知識もアピールできる資格です。MOSに比べてビジネス向けの技術が問われるので難しく感じる方もいるようですが、スキルアップにつながりますよ。

パソコンに関する資格は他にもあるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

「基礎」も「資格」も学べるパソコン教室がおすすめ

「基本的なパソコン操作」は、日頃からパソコンを使っている方にはあまり難しいものではありません。でも、これからスキルを身につけよう、という方の中には、何からどのように勉強したら良いのか悩む方もいるのではないでしょうか。

そこでおすすめなのは、パソコン教室に通って基礎からしっかり学ぶことです。メールやファイルの操作、ワード、エクセルなど、自分のレベルや目的に合った講座を受講しましょう。基礎をしっかり勉強しておくと、就職したあとの実際の業務でもきっと役立ちますよ。

資格取得をサポートしてくれるパソコン教室もあります。すでにパソコンの操作に慣れている方も、就職・転職活動でアピールできる資格の取得を目指して勉強してみてはいかがでしょうか。

就活前にパソコン教室でスキルアップしよう

就職・転職活動の時に求人欄で見かける「基本的なパソコン操作」について、目安をチェックして準備しておけると良いですね。履歴書や面接でアピール材料になる資格の取得もおすすめですよ。目的に合わせた学習が出来るパソコン教室で、スキルアップを目指してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お知らせ

お知らせです
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。